インプラントの骨移植の治療なら

インプラントの骨の移植について

  • トップ /
  • インプラントの骨の移植について

LINEで送る

インプラントの移植治療について

インプラント

歯のインプラントの治療は、専用の金属を顎に埋め込むような治療を行うため、顎の骨の厚さがある程度なければ行うことができませんが、骨の移植手術を受けることによって、治療が可能な状態に仕上げることも可能になっています。インプラントの治療を行うための骨の移植手術は、下の前歯の根の先端近くのオトガイ部から骨を採取する方法や、下顎の端の部分にあたる下顎枝から採取して、適切な大きさなどに形成したのちに移植する方法があります。自分の体を利用した治療内容であるため、アレルギー反応などを引き起こさないで治療をすることが可能なことがメリットになっていて、安全性が高い治療を行うことが可能になっています。インプラントの治療を行うための移植手術には、人工代用骨を用いる場合もあります。HA(ハイドロキシアパタイト)やBio-Oss(バイオース)、β-TCP(β-リン酸三カルシウム)という素材を用いることが多くなっていて、人間の体との相性が比較的良いものになっているため、安全に治療を行えます。治療する歯の部分以外に、体にダメージを与えないことがメリットになっていて、手術による負担を最小限に抑えることが可能になっています。

 

↑PAGE TOP