インプラント手術とは

インプラントの顎の骨の治療

  • トップ /
  • インプラント手術手順とは

LINEで送る

インプラント手術ができにくい時

インプラント

インプラント治療は手術をともなうなう治療のために、患者さんの負担が大きく、心臓病とか高血圧症や喘息や糖尿病や腎臓や肝臓の機能障害があるか場合は注意が必要です。また、現在使っている薬の種類によっては、この手術が不可能な場合もあります。さらに、顎の骨が少ない場合は、インプラント手術の時に顎の骨の間移入手術もしますが、患者さんの負担も増えます。しかし、健康な人にとっては、ほかの歯に影響を与えることなく、人工歯根が顎の骨に密着しますので、自然な噛み心地が得られて、生活の質が上がります。

 

インプラントのメリット

インプラントは入れ歯やブリッジなどとは違い、歯を傷つけない治療であることがメリットです。高い技術を用いる治療であることから歯を削らなくて済むので、残っている歯にも影響がありません。また見た目が美しいだけでなく、自然で違和感のないかみ心地を味わえます。インプラントは長持ちする特徴がありますから、普段通りに食事をしても全く問題がありません。非常に固定性が優れているのでがたつきないので、固いものを食べることも可能です。

↑PAGE TOP